目的にあわせた販促品

販促品の価格と効果を考えよう

販促品効果について

販促品は色々な種類があります。
会社のロゴや商品名が入ったノベルティグッズはタオル、Tシャツなど布製品から事務用品、キーホルダーなどの雑貨、食品など、実にさまざまな選択肢があります。
日常的によく使うクリアファイルや付箋、メモ用紙など事務用品に会社のロゴを入れ、取引先に配ってみましょう。
もらった人に会社の名前とロゴの印象が強く残ります。
デザインはシンプルなものの方が良いでしょう。
その方が会社のロゴや名前が目立つ上、多くの人に使ってもらえます。
もらった人が困ってしまうようなオリジナルグッズにならないように気をつけねばなりません。
今までにもらって困った経験はありませんか?どんなによいデザインでも高価なものでも使ってもらえなければ販促品とは言えません。
まずは価格に応じた販促効果が得られているかどうかを見直してみましょう。
そして予算に応じた価格の製品を選んで会社のロゴを入れてみましょう。
シンプルでオリジナルな販促品はあなたの会社を印象づけ、イメージアップしてくれる力強い営業のパートナーです。

何としても使いたい販促品は企画書に掲載する

予算の都合上などの理由で興味があるけれども使う許可が下りないと考えられる販促品は、企画書の一部分に掲載すると自身の望みが叶いやすくなります。
そもそも販促品を使う許可が下りない原因は、それ単体を上層部にアピールしてしまうからです。
もっともらしい理由を提示していたとしても、数々の商談を突破してきた上層部には効果が薄いです。
何度も繰り返して根拠について質問されてしまうので、いつかは考えが浮かばなくなってしまいます。
企画書にはいろいろな小道具の必要性を強調することができるので、販促品も一緒に掲載するのが良いです。
最終的に企画書に記した目的を達成させるためには何としても販促品が必要であると説明すれば十分な根拠として役立ちます。
出来栄えの良い企画書である必要がある者の、上層部を納得させるためには複数の要素を組み合わせて効果的に進言することが大事です。
綺麗にまとめられた資料に目を通してもらえるので、説得力が増します。