目的にあわせた販促品

販促品は目的にあわせて企画を。

販促品効果について

サンプルアイテムとしても使われる販促品の目的は主に企業名や商品名、キャンペーン名の周知と企業の好感度を上げる為に広告の一環として使われます。
広告の用途や目的に応じてどの品を使うか、どのように顧客に印象を与えるか残すかが大切です。
最も身近な物では路上で配布していたり、景品で配られるポケットティッシュやウェットティッシュです。
日常生活の中で使用頻度が高く、広告のサイズやデザインをある程度自由に行う事が出来るので人気が高い販促品です。
作成費や配布数などの経費も幅広く柔軟に設定する事が出来るので、販売促進の中でも基本的に使う事が出来るサンプルアイテムでもあります。
販促活動の方法も路上や店頭配布やポスティング、イベントの景品や封入アイテムとしての活用と様々なシーンで行う事が出来ます。
他に販促品として基本的に使われやすいのが文具一般の品と消耗品関係です。
広告として活用出来る場所は本体の中で手などが触れない部分や上部にワンポイントとして印刷をするケースが一般的です。
ボールペンや付箋紙などの文具やジップタイプのビニール袋や不織布タイプのバッグなどの消耗品は1回使い捨てではなく複数回使う事が多い上、持ち歩く事も多いので都度広告が目に入る事になり継続的な広告効果が見込めます。
単発での広告効果を狙うのか、一定の期間継続した広告効果を狙うのかの目的にあわせて販促品の企画を行うとより効果を上げる事が出来ます。

販促品の印刷について

販促品を作る際に困るのが印刷所。
ティッシュペーパーなど紙媒体は色々な選択肢がありますが、例えばプラスチック製品への文字入れなどはどういったところに持っていけばいいのか迷うところです。
プラスチック製品への文字入れでも二種類あり、単色の文字のみ、しかもフォント指定しか受け付けていないところ、フルカラーでどんなイラストや写真、文字のものでもOKなところとあります。
また、印刷するための商品の持ち込みが可能なところや、指定のもののみのところもあります。
他の注意点として印刷する絵柄や文字は、最近どこもデータ入稿が基本となっています。
このデータ入稿、どんなデータでもOKという所は大変少なく、大体が作成ソフトを指定しています。
そのソフトでもヴァージョンが違うと受け付けていなかったりとなかなか細かい決まりがあるため、しっかりと下調べをしなければなりません。
更には指定の形式での保存や原稿データ作成の決まりごとなど、全て会社によって違います。
以前作ったデータを他の会社で印刷したい、なんて場合も、そのまま入稿するのではなく手を入れなければならない可能性があるため注意してください。
まずはどういった販促品を作りたいかによって、上手に選びたいですね。

記念品への名入れを検討している方におすすめのサイト

豊富な品揃えの商品から記念品を選ぶことができ、名入れ可能な販促品専門店です。

記念品に名入れして発注